正月といえば、おせち料理。そういえば、なんで正月におせち料理を食べるか知っていますか?おせち料理は本来年神様にお供えする食べ物で、具材一個一個にもちゃんと意味があるのだそうです。海老は腰が曲がるまで長生きするように、数の子は子宝に恵まれ子孫繁栄を願い、黒豆はマネに暮らせるように、栗きんとんは金運に恵まれるように、伊達巻(玉子焼き)は華やかに、というように意味が込められているんです。そして重箱にはめでたいことが重なりますようにという意味が込められています。正式なものだと詰める段が決まっているそうです。こういうことを考えながらおせち料理を食べると、いつもよりありがたい気持ちで食べれそうですね。

【参考情報】
おせち料理の通販、口コミについて